地理風水の基本2 龍穴砂水向(地理五訣)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清代の風水師、趙九峰による古典「地理五訣」によれば風水を構成する重要な要素として、龍・穴・砂・水・向の五つの条件が大切であると記されています。

‥山、山脈、起伏(生龍、死龍、順龍、逆龍、強龍、弱龍,etc.)

‥平らな場所、気の集中するところ

‥穴の周りの環境を意味し、特に風から穴を守る山を意味する。

‥水もまた気であり、龍の血液ともいえる。財を司るとされている。

‥方位のことをいい、理気(りき)ともいう。

現在の風水はこの理気への比重が重くなりすぎていると思われます。

地理五訣から考えてみれば5分の一の条件が向、すなわち理気である事を思えばわずか20%ほどにしか満たないのです。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想


伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる



LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る