穴(けつ)とは、エネルギーの集まっている場所をいいます

山や山脈(龍脈)のエネルギー(氣)が集中する平らな場所を、龍穴(りゅうけつ)、または単に穴(けつ)とよびます。

図のように穴にもさまざまなパターンがあります。

ketu

また龍が力を持たず、死んでいれば役に立たない穴となります。

龍穴を見つけることを點穴(てんけつ)といい堪輿家(かんよか)、あるいは地理師(ちりし)と呼ばれた古代の風水師は深山に分け入り、水の流れをたどり、穴を探し旅したのです。

入山尋水口

その目的はさまざまですが、幹龍の龍穴においては都市作りに用いられ、小枝龍の龍穴においては陰宅に用いるために尋龍點穴(じんりゅうてんけつ)、つまり龍を追い龍穴を探しました。

作穴須趍吉以避凶

良い龍穴を用いれば、吉を呼び込み凶を避けることができるからです。

現代日本の風水においては住居(陽宅)が風水を用いる用途では中心となるので、鑑定する家を仮の龍穴とみなし、まわりの地形(巒頭=らんとう)などの条件をみていきます。

砂(周りの建物)、水(正面の道路など)がとても重要になります。

そして、穴管成敗(けつかんせいばい)といって、穴の条件次第で成功、失敗が左右されるのです。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想



伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる


LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る