砂法(さほう)とは?

陽宅における砂法の使い方は、近隣の大きな建物の影響をみます。

撥砂(ほっさ)または消砂(しょうさ)といわれる技法で、三種類ほど存在しますが代表的なのは次の二種類です。

①開禧暦に基づく開禧二十八宿を地上に投影し、羅盤の二十八宿から吉凶を読み解くという方法です。
二十八宿それぞれに五行が割り振られ、座の五行との相生相剋関係から読み解きます。

②羅盤の人盤を使用し建物の坐山と砂に配される五行から読み解きます。

どちらも坐と砂の五行から以下のように吉砂、凶砂を論じます。

砂の五行が建物の坐の五行を生じている‥‥生砂(せいさ)吉

砂の五行と坐の五行が同じ五行である‥‥‥旺砂(おうさ)吉

砂 の五行が坐の五行に剋されている‥‥‥‥奴砂(どさ)吉

砂の五行が坐の五行に生じられている‥‥‥洩砂(えいさ)凶

砂の 五行が坐の五行を剋している‥‥‥‥‥煞砂(さっさ)凶

ただし、形が禍々しい状態や見るからに嫌なイメージを与える場合は凶となります。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想



伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる


LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る