すんではいけない家(陰屋殺)

人がすむ住居を、伝統風水では陽宅(ようたく)といいます。

そして、お墓を陰宅(いんたく)といいます。

a0009_000154

その理由は、気の質が違うからです。

陰と陽の気のちがいは、静と動

つまり、動きがあるかそうでないかです。

生きている人には、活動的な気が必要です。

つまり住居は、陽の気を必要とします。

お墓には亡くなった人を埋めるのですから活動的な気ではなく、鎮静的な、つまり動かない陰の気に満たされるべきなのです。

これらの気の違いから、陽宅、陰宅とわけられるのですが、この陰宅と呼ばれるお墓が見えている住居を、陰屋殺といいます。

この場合、玄関のみならず窓から見える状態でも同じように殺となります。

生活しているなかで、死を意識させる景色

これが殺(風水的な凶作用)となり、健康を害したり精神的なダメージをうけるのです。

また、それだけ陰宅が近いことで、陰気も旺盛な立地となるためやはり健康な人が住むには、マイナスとなる立地なのです。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想



伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる


LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る