陰宅風水の詳細

陽宅とは、生きている人が住む住居をさすため、生き生きと活動する気、つまり陽気ある宅ということで陽宅といいます。

陰宅とは本来土葬であり、なくなった方が住む(埋葬される)ところをいい、動くことがないため陰であり陰宅というのです。

そして、埋葬された先人の骨にある物質があり、それが子孫に常に影響を与えていると考えられています。

埋葬された骨が、良いエネルギー(気)を受けることができれば、その良い影響を子孫が受け取ることができ、運がよくなるということです。

つまり陰宅風水とは、死者を埋葬することで子孫の運が良くなるという、風水技術だと考えられます。

陰宅風水のすべてを日本で当てはめることはできませんが、特に重要なのは

①立地条件(巒頭)四神相応、龍穴格局

これは地理風水での考え方とまったく同じですので、参考にしてください。

地理風水はこちら

②墓地や墓石の向き(理気)

山地では、龍の方位と墓石の向き、水の流れと墓石の向きなどを考慮しますが、平地では山がないため、墓石の向きと水の流れを考慮する水法がメインとなります。

三合派では、生旺墓水法、輔星卦水法などが主に用いられます。

三元派では、乾坤国寶水法、

しかし、大きな建物を龍としてとらえその吉凶をみる陰宅風水も存在します。

玄空大卦法では、近隣で砂とならず龍とみなす大きな建物と、それに準ずる峰と墓石の関係や水との関係を詳細に分析します。

陰宅の理気についてはこちらをご覧下さい。

③埋葬の日時

葬儀の日時、埋葬の日時など、細かい日時を擇日によって決めるのが最もよい方法です。

擇日についてはこちらをご覧下さい

の3点です。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想



伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる


LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る