風水と人との関わり

これまで伝統風水についてお話ししてきましたが、そもそも風水(地理風水、陽宅風水どちらも)とは何のためにあるものなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、人が幸せに暮らすためにあるのだということです。

どんなにすばらしい風景でも、それを見て感動する人がいてこそ意味があるのです。

どんな龍(山)の形態であっても、どんな川の流れであっても、人がいないならば
ただ自然の営みがあるだけです。

まさしくそこに山が「ある」だけと言えます。

しかし人がいて、その風景を観察し、その風景が人の潜在意識に働きかけるからこそ、五行の区別がなされ、気の働きがあり吉凶様々な影響があるのです。

また陽宅においても然り。

部屋の北が財運の良い家だとして、誰も住んでいないのに何の意味があるのでしょう?

屋外から尖った火形の塔が見えていても、人が住んでいなければ、火気の影響で火事になるとは考えられません。

つまり風水とは人のための知恵であることは間違いありません。

ですから「人」の宿命や運についての考察をすることなく、家(陽宅)や墓(陰宅)の吉凶を論じることもまた片手落ちであると言わざるをえないのです。


風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定のお申し込みご相談はこちらからどうぞ
伝統風水鑑定の申し込み・お問いあわせ

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想



伝統風水のブログはこちらをご覧ください。
風水師秀山の家和して万事なる


LINEで送る
Pocket

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る