風水の始まりは1000年以上前になります

2011.2.12|形の風水(巒頭)

LINEで送る
Pocket



本来の風水は、人が幸せに生きるために古代から伝わっている、偉大な知恵だといえます。

その始まりは?というと、人々が文化的な生活を始めるようになる前から、風水的な知恵は必要でした。

まだ、私たちの祖先がほらあなで生活し、狩りをして暮らしていたような時からです。

ほらあなに動物など危険なものが簡単に入ってこられない場所や、大雨が降っても中に水がたまってしまわない場所を、選ばなければいけなかったわけですね。

つまり、住む場所の地形を選ぶ必要がありました。

このような周りの環境や、地形のことをあつかう風水が始まりです。

そのような、地形を重視する風水を地理(ちり)風水、あるいは巒頭(らんとう)風水ともいいます。

格局

地形をあつかう風水の優れているところは、一度覚えてしまえば見た目でわかるので わかりやすく応用がききます。

それに対して、方位などを使った風水を理気(りき)風水とよんで、地理風水とは別の発展をしていきました。

いま、日本で風水といえば家相をふくめて、大半はこの方位のみを重視した方法がほとんどです。

ところが、方位より大切なというか同じぐらい大切な、地形やまわりの環境をほとんどみていないので、実践してみてもなかなか効果が出なかったりすることが多いのです。

ですから、風水で健康、お金、もっというと本当の幸せを手に入れたいと思ったら、地理風水(巒頭らんとう)を活用することが大切なのです。

伝統風水についての関連記事はこちらをご覧ください。


・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・各種風水講座については 風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座

Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL