本当のパワースポットにいってみませんか?

2011.4.26|パワースポット

LINEで送る
Pocket



パワースポットと聞くと、どんな場所を思い浮かべますか?

一時騒がれましたが、明治神宮の清正井(きよまさのいど)が有名ですね(^^)

一般的にいわれているパワースポットと、伝統風水からみたパワースポットはちょっと違います。

風水では、気が集まっている場所を、かたち(地形)から判断できます。

つまり風水では、気が集まっている場所をパワースポットと呼ぶことができます。

体が元気になる場所

心が癒される場所

恋愛運が上がる場所

金運が上がる場所


など、パターンによって決まってきます。

つまり、その場所にとどまっていることで、体が癒されたり心が楽になったり。

帰ってきたら、いい人に出会ったり。

そんな効果がある場所が、風水ではわかるのです。

具体的には

龍(りゅう)=山、山脈
穴(けつ)=気が集まる場所、平らな場所
砂(さ)=気が集まる場所を、まもる山や丘など
水(すい)=川や湖(水龍ともいいます)

これらの条件が整った場所をいいます。

わかりやすい図で説明すると

blog_import_511b950bb6eec

こんな感じです。

四神相応(ししんそうおう)といいます。

真ん中あたりの、穴場(けつば)という場所が中心ですが、明堂(めいどう)という開けた場所一帯がパワースポットといえます。

ポイントは、

1)龍=穴場に向かって山脈が力強くむかってくること。

2)穴場を守るように、背後の玄武と左右に白虎、青龍の山がしっかりとある。

3)穴場を巻くように、川が流れている。

4)前方も、案山、朝山と徐々に高くなっていく山が続いていく

この地形が、伝統風水が教えてくれる本物のパワースポットなんです。

こんな場所を探していってみてくださいねー。

パワースポットについてこちらの記事もご覧下さい

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・秀山主催の各種風水講座について知りたい方は 風水講座の予定

・秀山主催の風水、四柱推命、易の通信講座について 風水、易、四柱推命の通信講座

Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL