日選びの方法もたくさんありますが何に使うかが問題です

2012.8.29|吉日選び(擇日たくじつ)

LINEで送る
Pocket



吉日選び(擇日たくじつ)と一口にいっても、その種類はとても多いのです。

大まかに分けても

① 叢辰法(そうしんほう=通書擇日はこの方法です)
② 禄命法(ろくめいほう)
③ 天星法(てんせいほう)
④ 斗首法(としゅほう)
⑤ 運気法(うんきほう)
⑥ 演禽法 (えんきんほう)
⑦ 穿山法(せんざんほう)
⑧ 紫白法(しはくほう)
⑨ 奇門法(きもんほう)
⑩ 六壬法(りくじんほう)
⑪ 太乙法(たいおつほう)
⑫ 三元法(さんげんほう=玄空大卦、げんくうたいかほう) 


と、12種類ほどあります。

そのなかで、もっとも歴史が長く、信頼されひろく使われているのが叢辰法であり、三合派擇日です。

太陽の運行と、月の運行、そして干支暦の影響を広くあつかったのが、この擇日法なのです。

なのである意味通書を使いこなすことができれば、まず日選びで失敗することはありません。

日選びを間違わないということは、日々の行動で最大限の効果をあげることが可能だということになりますね(^^<

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 秀山の風水鑑定詳細

・秀山主催の各種風水講座について知りたい方は 秀山の講座予定

・秀山主催の風水、四柱推命、易の通信講座について 各種通信講座


Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL