第3回風水ベーシックセミナーは恋愛・愛情と子宝を中心にお話しします

2015.11.2|風水セミナー

LINEで送る
Pocket

伝統風水をわかりやすくお伝えるするセミナーのお知らせです。

今回も、初めて風水に触れる方にも楽しく学んでいただけて、体験を通して深く理解できるセミナーとなっています。

そして、お帰りになってすぐに活用できる、効果的な風水をお伝えします。

最近、夫婦間がなんとなくマンネリとか、なかなか結婚に踏み切れないなど愛情でお悩みのあなたへ

新婚当時は熱々だったけど。。

なかなか結婚までいたる相手に出会えない。

相手には不自由しないけど、意中の相手には振り向かれない。。

結婚したけど、子供がなかなか授かれない。

これらの原因は、もしかしたら風水に問題があるかもしれません。

風水というと、黄色い財布やカーテンの色、あるいは盛り塩などを思い浮かべる人も多いとおもいます。

でも、本来の風水は中国の長い歴史の中で封印されていた、宮廷の知恵であり国策の学問でした。

ですから、カラー(色)やグッズというより、都市計画や皇帝のお墓作りなどのための知識なのです。

yun_11166 なんども国が変わる争いの過程で、風水は一般の人にも知られるようになりました。

そして、今では私たちの家やお墓を通して、幸せを導くことができる技術となっています。

風水ベーシックセミナーでは、本来はとても難解な中国伝統風水を、わかりやすくお伝えします。

11011989_859858100728775_5646930855217668390_n

ワークを通して、風水の効果を実感していただいたり、身近な事件に潜んでいた危険な風水や

特に今回はあなたの家で、今すぐできる愛情運アップ、子宝運アップなど、お帰りになってすぐに使える知識まで盛りだくさんです。

前回の健康運のセミナーにご参加いただいた方の感想をご覧ください。

a296

時間と方位の違いで運命が変わるのかと思いました。

やはり知らないよりは知っていることが身を助ける事を実感。

事例を通しての話しが真実みがあり分かりやすかったです。

本日はありがとうございました。

a295

神棚を動かしてしまったことを後悔しました。

そういえば最近私の出費がかさんでおります。

息子も千円落として凹んでました。

何か関係あるのかも知れないと思うとぞっとします。

そのことが知れて良かったです。

その他にも

・とても勉強になりました。初心者にもわかりやすかったです。

・細かいことはともかく、基本的な事柄を知っておくことは非常に大切だと思いました。

・水法の話しをもっと深く知りたいと思いました。

・陰気陽気の話しがとても参考になりました。

・布団で寝ているので健康改善の風水に取り組んでみようと思います。

・非常におもしろく、 もっとお話しをうかがいたかったです。

・三時間盛りだくさんであっという間でした。

などのご感想を頂いています。

今回のセミナーはこんな内容になります。

【セミナー内容】

●恋愛、愛情の風水
あなたの運によっては、一気に恋愛成就してしまう風水とは?

IMG_5243

●愛憎の惨劇は、こんな風水から生まれてしまう
恋愛運も強すぎると大変なことになります。

●男の子が授かる授からないは、道路が決めている。
子孫繁栄での風水のなかで、最も重要視されるのが跡継ぎです。

水法

●子供の勉強ができる風水
勉強ができるかどうかは、これで大きく改善します。

●ある日才能が爆発する風水とは?
こんな風景が見えていると、あなたの隠れた才能が開化します。

●家の風水と宿命の関係
天、人、地の風水を整えると、健康もビジネス繁栄も手にいれられます

●日選びの風水
ビジネスも結婚も、タイミングが大切です。

などを、お時間が許す限りお話させていただきます。

【セミナー詳細】

日時:11月14日(土)13:30~16:30(受付開始:13:00)

会場:東京都中央区京橋
(詳細はお申し込み後にメールでお知らせします)

会費:5,000円

定員:15名 残席5名残席1

※セミナー後、会場近くで懇親会を開催いたします。

希望される方は、ぜひ懇親会にもご参加ください。

直接、ご自宅の風水などの質問もできるチャンスです。

セミナーのお申し込みは、下記のフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見、ご質問があればご記入ください

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください



それでは会場でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*