中華のお墓は、やっぱり良い風水でした。

2016.5.16|お墓の風水(陰宅)

LINEで送る
Pocket



先日、横浜で講座を行ったのですが鑑定実践として、陰宅(お墓)にいきました。

せっかく横浜なので、外人墓地に行こうかと思ったのですが、平日は入場できないことがわかり断念。

他に近くにある墓地を探すと、南京墓地という文字を発見しました。

考えてみれば、中華街があるので中国人墓地があっても不思議じゃないですね。

そして、中国人のお墓であれば風水を施してあるかもしれません。

なので、バスをつかっていってみました。



場所は、こちらです。

入り口には立派な門があり、登っていくと歴史のある道教の廟があり、まさしく南京墓地の名にふさわしい所です。

s0011

あたりまえですが、ちゃんと廟もあります。

s0015

そして、納骨堂なのか大きな塔

s0023

さらに登っていくと、たくさんのお墓があるのですが、中に明らかに他と違うお墓があります。

何が違うかといえば、角度が違っているのです。

つまり、お墓の向きが違うのです。

s0027

いくつか向きの違うお墓がありましたが、そのうちの代表的な5つのお墓の調査を行いました。

s0030

s0032

s0033

s0034

すると、驚いた事にそれぞれ素晴らしい風水であることが分かりました。

しかも古いお墓は、1960年建立のものもありその当時に日本で、こんな素晴らしい風水を施したお墓があったのに、正直おどろきました。

おそらく、本国から風水師を招待して建てたのだと思いますが、名門だと思われるそれぞれの家系は、おそらく今も繁栄しているのだと思います。

家の風水は、そこにすんでいる人だけにしか影響はありませんが、お墓の風水は葬られた人の血縁者全員に影響があります。

ですから、家の風水も大事ですがお墓の風水はもっと大事なのです。

ぜひ一度ご自分のご先祖の墓に、興味をもってくださいね。

そして、出来れば良い風水の墓地にして欲しいと思います。

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・各種風水講座については 風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座

Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*