2017年の吉方位、凶方位は?

2017.1.7|方位の風水(理気)

LINEで送る
Pocket

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

2017年はどんな年になるのでしょうか?

できれば、よい年であって欲しいものですね。


そこで今日は、2017年の吉方位、凶方位についてお伝えします。

2017年の吉方位は
(24方位で見ていきます)


●奏書(ほうしょ) 坤方位

祭祀、求福に良い方位なので、神社のお参りなどによい方位です。

●博士(はくし) 艮方位

善神が働き、賢くなる方位です。

パワースポット旅行などに向いている方位とも言えますね。


2017年の凶方位ですが

1、歳破(さいは) 卯

この方位は、引っ越し、旅行にも良くないですし、もちろん、家やお墓の向きも良くないです。

2、犯太歳(はんたいさい) 酉

この方位は、家やお墓の向きとして建てる事がよくありません。

また、家の中心からこちらの方位をリフォームも避けてください。

3,三煞(さんさつ) 寅卯辰(東)

家やお墓の坐山(向きの逆)として建てる事は良くない方位です。

4、戊己都天煞(ぼきとてんさつ) 申酉
  夾都天煞(きょうとてんさつ)  坤

リフォーム、建築、道路工事など、すべての工事関係が凶となる方位です。

昨年、これで自分の苦しみましたのでよく分かります。

2017年は、特に太歳となる酉と同じ方位です。

凶神は重なると、凶意が倍増します。

この場合は推黄煞と呼ばれ、どんな吉神が来ても解除できないといわれていて、かなり危険な方位となっています。

この方位で土用後に工事が自宅の周りで行われると、少々離れていても影響がかなりあります。

気をつけてください。

5、金神(こんじん) 戌、亥、寅、卯

引っ越し、旅行、リフォーム、工事一般あまり良くないですが、これだけでは影響は少ないです。

でも、今年は三煞と重なる寅方位があるため、こちらはかなり注意が必要な方位となります。

まだまだ、凶神はありますが影響が大きいのは上記の5つですので、ご自宅からの方位や旅行、引っ越しなどで可能性が有る場合、極力避けてください。

また、新築の予定が有る場合も同様です。

もし、上記の凶方位がかかっているようで気になるなら、信頼できる風水師に相談された方が良いでしょう。


・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・各種風水講座については 風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座

Loading Facebook Comments ...
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*