家相は観てもらって建てたのですが、引っ越したとたん・・・

埼玉県 田中正行様

kansoukigaku

元々妻が占い好きで、自分でも九星気学を勉強していたせいか家を建てる時には、家相の先生に観てもらうといっていました。

昨年やっと頭金もできて、この不景気にもかかわらず会社の業績は安定しているので念願のマイホームを建てることにしました。

早速、土地の候補を見て回り、最終的には方位取りが良いと言うことで今の場所に決定しました。

そして、いよいよ間取りのプランを建築会社さんと打ち合わせて行くことになったのですが、やはり妻が家相を観てもらうと言い出してある先生に観てもらうことにしました。

その後、その先生のアドバイス通りに玄関を南向きにし鬼門のトイレを避け、その他色々といわれた指示通りに建てて、妻も私も大満足でした。

ところが引っ越して一ヶ月もしないうちに、まず私の体調がおかしくなりました。

自律神経失調症と診断され、冷や汗が出たりのぼせたりで、会社もちょくちょく休むようになりました。

その後、妻にも変調が現れ始めました。

交通事故に2度も見舞われ、二回目は大腿骨を複雑骨折する大変な事故にあってしまったのです。

これはおかしい、引っ越してから何か悪くなっているような気がすると思っていたのですが家相は観てもらって良いはず、と妻とも首をかしげるばかりでした。

その後、友人の紹介で秀山先生を紹介いただいて、だめで元々と風水鑑定をお願いしたのです。

わざわざ草加まで数回来ていただいて、鑑定内容をお聞きしたところ

「道路から来る気の影響が悪く、○○という悪い風水になっています。

その他玄関に健康運の一番良い山星8が巡っていて生かされていないし、寝室に財運の水星9が巡り星が死んでしまっています。」

といわれました。

寝室の移動と、玄関から見える道路を大きめの観葉植物で一部見えなくし、その他細かい指示をいただき早速一つ一つこなしていくと

驚いたことに寝室を変えベッドの向きを指示通りにして休むようにしたところその日からぐっすり眠れるようになったのです。

その後私の体不調は2週間ほどで嘘のように直ってしまいました。

妻もその後は事故に遭うこともなく順調に過ごしております。

築年数や周りの環境も考慮するので、家相と風水は違いますよと先生がおっしゃっていたことが、実感としてわかり本当に感謝しています。

ありがとうございました。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

まぐまぐ!で伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る