風水の改善(見える形の改善)

風水上で問題がある場合、改善策を考え施す必要があります。

見える形の上で問題があれば、見える形での改善が必要となります。

また、方位での問題があれば、方位の上での改善が必要です。

見える形での問題点とは、形殺(けいさつ)とよばれるもので、広い範囲では見える景色そのものといえます。

たとえば、住居ならその家を取り囲む建物、玄関からみえる景色、周りの道路等です。

陰の門

これらが、形殺となっている場合、見えなくする工夫が必要となり、エクステリアでの改善が最も有効といえるでしょう。

たとえば、植栽や塀などを設置することによって、これらの形殺を見えなくするのです。

また、室内の形殺もあります。

たとえば、ドアとドアが対面してる場合、その部屋をつかう家族同士が対立しやすくなる形殺です。

この場合、もっとも効果的な方法はどちらかのドアを別の場所に移すことです。

新築の設計段階であれば、こんな改善方法は比較的容易なことですね。

しかし既存の建物の場合、こんな風に風水改善するのは簡単ではないでしょう。

その場合、どちらかのドアに目かくしとして、暖簾をかけるという方法を使います。

こうすることで、衝突する気を緩和させ、殺(良くない気の流れ)を改善するのです。

このように、大がかりな改装などを必要とする風水改善と、比較的簡単な目かくし的にできる方法どちらも提案することができるのです。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

まぐまぐ!で伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る