お墓(陰宅)の風水とは

陽宅(ようたく)とは、生きている人が住む住居をさすため生き生きと活動する気、つまり陽気が豊富にある住宅という意味で陽宅といいます。

それに対して、陰宅(いんたく)とはお墓の事をいい、本来は土葬で亡くなった方が住む(埋葬される)場所をいい、遺体(遺骨)は気が動く必要がないため陰であり陰宅というのです。

そして埋葬された先人の骨に ある固有の物質があって、それが子孫に常に影響を与えていると風水では考えます。

埋葬された骨が土地の良い風水エネルギー(気)を受けることができれば、その良い影響を子孫が受け取ることができ、運がよくなるということです。

つまり陰宅風水とは、死者を埋葬することで子孫の運が良くなるという、風水技術だと考えられます。

陰宅風水のすべてを日本で当てはめることはできませんが、特に重要なのは

①立地条件(巒頭)四神相応、龍穴格局

これは地理風水での考え方とまったく同じですので、参考にしてください。

地理風水はこちら

②墓地や墓石の向き(理気)

山地では、龍の方位と墓石の向き、水の流れと墓石の向きなどを考慮しますが、平地では山がないため、墓石の向きと水の流れを考慮する水法がメインとなります。

三合派では、四大局水法、輔星卦水法などが主に用いられます。

三元派では、乾坤国寶水法、玄空大卦水法等を用います。

しかし、大きな建物を龍としてとらえその吉凶をみる陰宅風水も存在します。

玄空大卦法では、近隣で砂とならず龍とみなす大きな建物と、それに準ずる峰と墓石の関係や水との関係を詳細に分析します。

そして亡くなった方の生まれ年との相性をとても重視します。

③埋葬の日時

葬儀の日時、埋葬の日時など、細かい日時を擇日(たくじつ)によって決めるのが最もよい方法です。

日時も、亡くなった方の仙命(生まれ年)と建立者の命(生まれ年)との相性も詳しく見ていきます。

これらの三つの要素がお墓(陰宅)の風水ではとても重要なのです。

風水鑑定の料金はこちら 風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちら 風水鑑定のご感想

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. お墓(陰宅)の風水鑑定詳細

  2. お墓の風水(陰宅)の特徴

  3. お墓の事を思うだけで、今はなんとも心地よい幸福を感じる毎日です

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として21年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1347件。
四柱推命などでは4139件を鑑定.

これまで沖縄を除く46都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで183人の生徒が受講。

現在も東京、大阪、福岡、名古屋などで各種占術の集中講座も行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

依頼者のご感想