三井寺、琵琶湖パワースポットツアーにいってきました。


今回のパワースポットツアーは、三井寺と円満院、そしてもう一カ所秘密の場所に行きました。

そして、ホテルで琵琶湖を眺めながらランチと温泉三昧という盛りだくさんのコースです。

まず最初は、秘密のスポットを2カ所まわって三井寺に行きました。

IMG_4115

こちらは金堂です。

image

金堂前の広々とした空間は、まさしく明堂(めいどう)という、気がとどまっている空間です。

とても心地が良く、ずっといたい場所です。

残念ながらベンチなどがすくないので、人が多い時はあまり座っていられないですが。

そして、金堂の脇には有名な閼伽井屋の霊泉(あかいやのれいせん)です。

DSC00893

今でも、ぼこぼことわき出ている清水は、天智天皇、天武天皇、持統天皇の産湯に使われたといわれています。

続いて弁慶が引きずったとされる弁慶の引き摺り鐘へいくと、おもしろいものがあります。

DSC01057


おみくじなのですが、鐘の形をしていて、しかも水をつけると文字が浮き出てくるという物です。

IMG_3929

みんなで水につけています。

DSC01059

結果は人それぞれです(^^)

IMG_3930

そして、おみくじのご託宣と一緒に三井寺の風景を描いたカードもいただけます(^^

三重の塔や唐堂などを経て、琵琶湖が見渡せる観音堂にまいります

DSC01067

その上にある展望台へ少し登っていきますと、絶景に出会えます。

DSC00974


このように、境内をぐるっと一週ゆっくり散策すると、約一時間です。

普段あまり運動していない方ですと、少々つかれそうな起伏と広さですが、この場所の気によって、おそらくあまりつかれないと思います。

三井寺は、二匹の龍が作り出すパワースポットです。

巒頭(らんとう=地形の)風水では、衆龍相會形(しゅうりゅうそうかけい)という難しい名前のパワースポットなのですが、特におおきな水を前面にいだくと、より良いといわれています。

三井寺巒頭古典


琵琶湖という、日本一の湖を前面にする三井寺は、子孫が長く有名になるという格局ですが、名声を争い、何度も抗争によって燃えてしまったのです。

そのたびに不死鳥のようによみがえって繁栄していますので、まさしく再生と成功のパワースポットという事ができるでしょう。

そして、その後はお楽しみのびわ湖ホテルにてランチビュッフェです。

20110411-544


種類も豊富で、かなり美味しいのでレストランは、ほぼ予約で満席状態です。

最後の締めは満堂水温泉。

残念ながら温泉の写真は撮れなかったので、公式ページから拝借します。

imghsp5 (1)


この写真から分かるように、温泉につかりながら琵琶湖の満堂水を十分に味わえてしまうのです。

満堂水の効果は、財運アップです。

地理風水大全によれば、

陰陽両宅の坐山を基点として180度に水が配されていることをいう。

また、満堂水を明堂として取ることは非常に良いとされる。とりわけ、財運によい。


なので、一時間ほどじっくり満堂水温泉につかって来ました。

1階のカフェで、ひとしきり今回のパワースポットについて、風水の解説や皆さんの感想、質問などをお聞きしてお開きとなりました。

そして、今朝スタッフで参加してくれているKさんから驚きのメールが届きました。

なんと大手電力会社からセミナーを二本依頼されたという事なのです。

予定していない事だったそうで、まさしく満堂水のパワースポット効果を、確信していました。

彼は下見の時と今回で、2回ともこういった結果だったので間違いないといってます(^^)

このように、伝統風水が教えてくれるパワースポットは、何かしら体感できる事が待っています。

ぜひ次回、日程などがあえばご参加下さい。

あなたも、パワースポットのすばらしさを体験できる事と思います。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

まぐまぐ!で伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る