住んではいけない家【困屋煞】

両側(青龍、白虎)の建物が高く、自宅が他の住居より頭が低くへこんだような立地となっている状態を困屋殺といいます。

京都の古い町並みで、よく見かける形殺です。

青龍、白虎から攻撃されている状態となり、安定することがなくビジネスは失敗、家運は衰退する殺だとされています。

建物周りの建物が近すぎる場合、経済的にも困窮する場合が多いです。

手軽な改善策はないので、できればお引っ越しをお進めいたします。

風水鑑定の種類・料金はこちら風水鑑定料金


風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例


風水鑑定のご感想はこちら風水鑑定のご感想


関連記事

  1. すんではいけない家【龍断】青龍がない

  2. 住んではいけない家【反弓煞】

  3. 住んではいけない家【劫背水】

  4. すんではいけない家【八字水】

  5. 住んではいけない家【孤独秀峰】

  6. すんではいけない家【酷門(こくもん)】二世帯住宅

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として23年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1471件。
四柱推命などでは4151件を鑑定.

これまで日本全国47都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで217人の生徒が受講。

現在も各種占術の集中講座を行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

運が良くなる5つのポイント動画プレゼント

見るだけで運がよくなる5つのポイントの動画をプレゼントします。

リンク先からお名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

動画視聴のご案内がメールで届きます。


家和して万事なる動画
運が良くなる5つのポイント

約1時間の動画セミナーです。

運を強化して、努力が何倍にも加速する方法です。

動画のさわり部分をリンク先で公開しています。



>>動画のプレゼントページはこちらです<<

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。
レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。


幸せを導く住まい造り
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。
建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です。


無料レポートはこちらのページからお申し込みください。

依頼者のご感想