巒頭(らんとう=地理)風水の基本1 四神相応

龍穴(りゅうけつ)と呼ばれる、風水的なパワースポットの代表的な条件として、四神相応という巒頭(らんとう=地形)があります。

これは、穴(けつ)とよばれる山地にある平坦な場所を取り囲む環境を表したもので、脈打った力強い龍脈(山脈)が連なり、屏風のように左右に開けた場所に形成されます。
5426771
屏風(びょうぶ)のように背後にそびえる龍=山を玄武(げんぶ)とよび、左右に分かれた龍を砂(さ)または砂手(さしゅ)といいます。

玄武側から見て右側を白虎砂(びゃっこさ)と呼び、左側を青龍砂(せいりゅうさ)と呼びます。

龍穴の前方を朱雀(すざく)といいます。

前方の良く開けて気が集まるような場所を明堂といい、そのさらに先には、水(川)が巻き込むように流れるのが良いとされています。

そのように巻き込むように流れる水を金帯(きんたい)、または玉帯水(ぎょくたいすい)といい有情(うじょう)の水といいます。

朱雀側には、風をさえぎる案山(あんざん)と、さらにその先に朝山(ちょうざん)

だんだんと高くなっていく山々が美しく連なるのがすばらしい風水です。

このような条件を満たした風光明媚な地を、伝統風水では四神相応の地と呼んでいます。

そして、このような四神相応の条件は、方位と一緒にされてはいません。

よく間違われていますが、玄武は北で朱雀は南、青龍が東で白虎が西といった固定的な方位となってはいません。

あくまでも上記にあげた巒頭の条件で、四神の位置が決まるのです。

そして、四神相応はもっともわかりやすいパワースポットであり、住居にも応用することができます。

つまり住居を四神相応に近い環境にする事ができれば、ご自宅がパワースポットのような素晴らしい場所になるのです。

風水鑑定の料金はこちら 風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちら 風水鑑定のご感想

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 明堂(気があつまる場所)について

  2. 地理(巒頭)風水とは?

  3. 龍穴(りゅけつ)とは、龍脈(山脈)のエネルギーの集まっている場所をいい…

  4. 山の形から分類される五種類の気について

  5. 水(龍)について

  6. 前方の構造物(案山)について

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として21年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1347件。
四柱推命などでは4139件を鑑定.

これまで沖縄を除く46都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで183人の生徒が受講。

現在も東京、大阪、福岡、名古屋などで各種占術の集中講座も行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

依頼者のご感想