水(龍)について

地形の風水=巒頭(らんとう)において、水はとても重要です。

山(龍)は、水に出会い動きを止めます。

つまり、山が水に出会うところで、陰の氣(山の氣)と陽の氣(水の氣)が集中するということです。

その近くに、穴(けつ)または龍穴(りゅうけつ)と呼ばれる、気の結束点をむすびます。

そして、水の流れ方(水局)や形によって吉凶があります。

水は、流通や財産を左右します。

ですから、吉格の水は富をもたらし、凶格の水は貧をもたらすのです。

吉水

有情水:緩やかに湾曲した水の、内側を有情(うじょう)の地といい、吉地とされています。

多くの人に助けられたり、ビジネスの成功や経済的繁栄、子孫繁栄を表す水です。

九曲水:前方から迫る水で、くねくねとうねりまさしく龍のような水をいいます。

九曲水

満堂水:視界の180度が、穏やかな水の明堂となることを、満堂水といいます。財運がよい水として知られています。

凶水

凶水の形穴から真っ直ぐ正面に流れ去る

前を斜めに横切っていく

穴に向かって反って流れていく

くねくねと曲がりながら去っていくのが見える

穴の前で急角度で曲がっている

などの凶水があります。

これらの凶水を避けて、お墓や家を作る事が避凶(ひっきょう)といわれる、風水の究極的な考え方なのです。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る