山の形から分類される五種類の気について

古来、風水は別名を堪輿(かんよ)といい、堪は天を表し輿は地を意味していて、天体と大地を意味しています。

これは、天の星が地に投影されているという思想のあらわれで山(龍)を星に見立てて現れる意味を読み解きます。

五星で判断するのが大半ですが、九星での判断方法もありこちらは非常に難解ですので五星体のみ取り上げます。

すべての万物は、五行という五種類のエネルギーで構成されていると見るのが伝統風水の立場です。

木、火、土、金、水

この五種類を五行と言います。この五行で龍(山)を分類したものが五星体となります。

また五行はさまざまな出来事や抽象的な事柄をも表していて、季節や色、感情や臓器、方位なども五行で分類することが出来ます。

そしてこの五行はお互いに仲の良い関係(※相生→)であったり相性の悪い関係(※相剋‥>)になるという関連性があります。

この関係性から龍が龍穴に与える力を読み解きます。

※相生の関係とは

樹木「木」が燃えて「火」になり、燃え尽きると灰になる。

灰は「土」に帰り土からは金属「金」が現れる。

金属を精製した刀には水滴がつき(結露)「水」を生じる。

「水」は雨となり植物「木」を潤す。

※相剋の関係とは

樹木「木」は「土」から養分を吸い土は痩せる。

「火」が高熱で金属「金」を溶かす。

「土」は堤となり「水」の流れを止める。

「金」は斧となり樹木を切り倒す。

「水」は「火」を消し止める。

左図にあるように太祖山が木で火の小祖山を生じ、次に土の祖山を生じ、続いて金の父母山が龍穴を結ぶ。

このように進むほど生じる事により龍脈の力が増幅されていきます。

したがってその龍が結ぶ穴は必ず富貴をもたらし忠孝な子が生まれて来るとされています。

風水鑑定の料金はこちら 風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちら 風水鑑定のご感想

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 明堂(気があつまる場所)について

  2. 龍穴(りゅけつ)とは、龍脈(山脈)のエネルギーの集まっている場所をいい…

  3. 前方の構造物(案山)について

  4. 巒頭(らんとう=地理)風水の基本1 四神相応

  5. 地理(巒頭)風水とは?

  6. 龍(りゅう)とは

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として21年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1347件。
四柱推命などでは4139件を鑑定.

これまで沖縄を除く46都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで183人の生徒が受講。

現在も東京、大阪、福岡、名古屋などで各種占術の集中講座も行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

依頼者のご感想