地理(巒頭)風水とは?

IMG_3269たちが住む日本は国土の4分の3が山地であるといわれています。

山地が4分の3であるなら当然、山を削り平地を作り出す川も数多く流れているわけです。

山と川、これこそが風水の源流であり、大地の力、自然の力を考慮しない風水などあり得ないのです。

たとえ都市部(平野部)に住んでいたとしても、起伏は必ず存在し、雨水の流れは川となって海に注ぎ込みます。

また都心では信号が変わると人が一斉に流れ、満員電車が行き交います。

人の体も60%~80%が水であるといわれています。

水の固まりである人が、大勢道路を行き交うならば、大量の水が移動している事になります。

それを川と見なすことは、むしろ自然なのではないでしょうか?

同じように電車、車道も水の影響を表すと考える方が自然だといえるでしょう。

つまり風水を考えるとき、それが狭義の風水(陽宅=住まいの風水)であったとしても、周りの地形、環境を考慮しないでは何も判断することは出来ないし、改善することも不可能です。

つまり地理風水を知ること無しには風水を語ることは出来ないのです。

そして地理を考慮する風水が、風水の原点であり出発です。

地理風水にはいくつかの原則があります。

その代表的なものが、地理五訣といわれています。

龍、穴、砂、水、向(りゅう、けつ、さ、すい、こう)

龍=山、山脈

穴=龍穴のもいい、龍のエネルギーの収束点、あるいは平らな土地

砂=龍穴の周りを取り囲む凸、風を留める構造

水=穴の前方を過ぎる川、あるいは池、湖など

向=お墓や建物の向き

これらの要素の善し悪しを総合的に分析し良い龍穴にお墓を造る事から風水は出発したのです。

風水鑑定の料金はこちら 風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちら 風水鑑定のご感想

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 水(龍)について

  2. 前方の構造物(案山)について

  3. 龍(りゅう)とは

  4. 風水パワースポットの条件となる龍穴格局、平地龍、その他

  5. 地理風水の基本2 龍穴砂水向(地理五訣)

  6. 龍穴(りゅけつ)とは、龍脈(山脈)のエネルギーの集まっている場所をいい…

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として21年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1347件。
四柱推命などでは4139件を鑑定.

これまで沖縄を除く46都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで183人の生徒が受講。

現在も東京、大阪、福岡、名古屋などで各種占術の集中講座も行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

依頼者のご感想