地理(巒頭)風水とは?

IMG_3269たちが住む日本は国土の4分の3が山地であるといわれています。

山地が4分の3であるなら当然、山を削り平地を作り出す川も数多く流れているわけです。

山と川、これこそが風水の源流であり、大地の力、自然の力を考慮しない風水などあり得ないのです。

たとえ都市部(平野部)に住んでいたとしても、起伏は必ず存在し、雨水の流れは川となって海に注ぎ込みます。

また都心では信号が変わると人が一斉に流れ、満員電車が行き交います。

人の体も60%~80%が水であるといわれています。

水の固まりである人が、大勢道路を行き交うならば、大量の水が移動している事になります。

それを川と見なすことは、むしろ自然なのではないでしょうか?

同じように電車、車道も水の影響を表すと考える方が自然だといえるでしょう。

つまり風水を考えるとき、それが狭義の風水(陽宅=住まいの風水)であったとしても、周りの地形、環境を考慮しないでは何も判断することは出来ないし、改善することも不可能です。

つまり地理風水を知ること無しには風水を語ることは出来ないのです。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る