理気(方位の風水)について

理気とは方位を主眼とする風水の総称ですが、方位を扱うということは方位磁石である羅経、羅盤を使用する技法となります。

羅盤は、それこそ著名な風水師ごとに種類が違うぐらいたくさんの種類が存在します。

その中でも大きく分けると三合派といわれる巒頭を主体とした風水の流派と、三元派といわれる理気を主体とした流派の羅盤が二大勢力といえるでしょう。

上にある三合盤は天地人の三層が大きな特徴で、それぞれの層を違った対象を鑑定するために使用します。

龍法、水法、砂法などにそれぞれ使用しますが、陽宅でも使用できる技法であり周りの環境からの影響をみるのに優れています。

三元盤は地盤二十四山(24方位)のみを使用し、その他に易卦を使用したさまざまな縁起感が描かれています。

八卦(はっけ)・六十四卦(ろくじゅうよんけ)とよばれる直線と破線の記号で表されています。

特に時間の流れによる影響を詳しく見ていきます。

最近は玄空派と呼ばれる流派の技法が爆発的に広がっていて、玄空派が用いる山星、水星の挨星(あいせい)が描かれている盤も出てきました。

いずれにしましても羅盤をいかに正確に扱うかが問われてきます。

それぞれの技法に応じての方位測定の約束事があり、どこではかるべきかを間違えれば全く違う結果となり吉だと判断したものが凶だったということにもなりかねません。

ですからしっかりとした技術の習得と実践の繰り返しが必要となります。

逆に言うならば羅盤を使用した現地での方位測定をせず、地図や平面図だけで鑑定をしてしまうなどということは、かなり危険な事だと言えるでしょう。

風水鑑定の料金はこちら 風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちら 風水鑑定のご感想

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 住居の風水で抑えておきたい立地のポイント

  2. 間取りの風水(室内理気)について

  3. 道路(鉄道)との関係=川との関係

  4. 四神相応の観点から住居の風水を考える

  5. 砂法(さほう)とは?

  6. 水法とは?

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として21年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1347件。
四柱推命などでは4139件を鑑定.

これまで沖縄を除く46都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで183人の生徒が受講。

現在も東京、大阪、福岡、名古屋などで各種占術の集中講座も行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

依頼者のご感想