陽宅(住居)風水のポイント

陽宅(家)の風水を考える場合、まず最初に考慮すべき要素は、間取りや方位ではなく、ましてやカーテンの色やインテリアでもありません。

風水の成り立ちからも、周りの地形や環境がどのように建物に影響しているかを先に考えるべきなのです。

都会では平坦な場所も多く、山も川も近くに無いといわれるかもしれません。

しかし、起伏は必ず存在し、雨が降れば低いところへ流れます。

人が集まれば都市が生まれ、家が建ち並び、ビルが次々と建てられていきます。

都市においては、このような建物を山と見立て、道路や鉄道を川と見立てて巒頭を考慮することが、正しく陽宅風水を鑑定するポイントとなります。

そして、小さな起伏も龍ととらえ吉凶を考えていくのです。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る