間取りの風水は鬼門が悪いというわけではありません。

風水と言うと日本国内のみならず、その簡易性からいろいろな国で多くの人々が活用しているのが、360°を均等に8分割した八方位を用いる八宅法が多いです。

とても分かりやすいのが特徴です。

特に宅卦(たくけ)という玄関の向きからその家の八方位の吉凶を出す方法と、本命卦(ほんめいけ)といって男女別、生年別で個人の方位吉凶出す方法があります。

宅卦と本命卦が吉凶が同じであれば最上ですが、もしあわない場合は本命卦を重視します。

その他には玄空飛星派と呼ばれる水星(みずぼし)、山星(やまぼし)と呼ばれる二つの星を使って各方位の吉凶をみる挨星(あいせい)盤を使う方法もかなり ポピュラーになってきました。

左のチャートが挨星盤といいます。一つのマスに3つの数字が入っています。
漢数字が築年数の三元九運をもとに飛星させた数字でその上に並ぶ二つの数字が水星、山星です。

チャートの上が南で中央のマス以外が八方位となっています。

玄空派には玄空大卦(げんくうたいか)や、玄空六法という技法もあり、理気主体の現在の風水においてさまざまな鑑定技法 が競い合っているといえます。

そして、間取りを考える場合これらのいくつかの理気技法を用いて、各部屋にふさわしい気の配合を考えます。

そして、方位を分割する際に問題となるのが、中心点の求めかたですが、これは難しくなるいので別の機会に。

いずれにしても、伝統風水では東向きだからとか、北向きだからと向きだけで間取りの善し悪しを判断することはありません。

立地の風水と建物の向き、築年、施主様の生年月日など、複合的に判断し間取りを考えていくのです。

風水鑑定の種類・料金はこちら風水鑑定料金


風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例


風水鑑定のご感想はこちら風水鑑定のご感想


関連記事

  1. 風水で良い間取りを考える方法とは

  2. 風水技法、砂法(さほう)とは?

  3. 住居に悪い影響のある道路や建物(形殺)について

  4. 水法とは?

  5. 道路や鉄道と川などの悪い風水を形殺とよびます

  6. 自宅の隣がこうなっていると??

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として23年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1471件。
四柱推命などでは4151件を鑑定.

これまで日本全国47都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで217人の生徒が受講。

現在も各種占術の集中講座を行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

運が良くなる5つのポイント動画プレゼント

見るだけで運がよくなる5つのポイントの動画をプレゼントします。

リンク先からお名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

動画視聴のご案内がメールで届きます。


家和して万事なる動画
運が良くなる5つのポイント

約1時間の動画セミナーです。

運を強化して、努力が何倍にも加速する方法です。

動画のさわり部分をリンク先で公開しています。



>>動画のプレゼントページはこちらです<<

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。
レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。


幸せを導く住まい造り
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。
建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です。


無料レポートはこちらのページからお申し込みください。

依頼者のご感想