住居に悪い影響のある道路や建物(形殺)について

見た目が危くて殺(さつ)を放っている建物

このようにとがっているタワーなどは火形殺といって五行の火がとても強く、近くにある場合は凶砂となります。

火災や災難を起こすといわれています。

その他とがった部分が多くて心理的に殺となっている建物が見えていたり、玄関に向かっていた場合も良くありません。

この場合見えているということが重要で、他の建物で隠されていて近くても見えていない場合は、凶作用はありません。

ただし、一階では見えないが二階の一部からは見えている場合は、その見えている部屋にのみ凶作用が表れるといわれています。

室内巒頭

室内の巒頭も、屋外の環境からの影響よりは少ないですが考慮する必要はあります。

特に気をつけて欲しい事は、ドアとドアが向き合っていたり、ベッドやソファー、勉強机などが部屋の入り口と真っ直ぐ対していることです。

こういった対面している状態を対冲(たいちゅう)といって風水では嫌います。

対立するという象徴であり、殺気を増幅させてしまいます。

また玄関から真っ直ぐ階段の登り口が見えたり、反対側の窓が見えたりすることも良くないとされています。

漏財(ろうざい)といってお金が流れてしまう風水だといわれています。

形殺で避けたい風水についてこちらのページをごらん下さい。

LINEで送る
Pocket

風水鑑定の料金はこちら風水鑑定料金


風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例


風水鑑定のご感想はこちら風水鑑定のご感想


秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として23年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1471件。
四柱推命などでは4151件を鑑定.

これまで日本全国47都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで217人の生徒が受講。

現在も各種占術の集中講座を行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。

幸せを導く住まい造り
風水レポート
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。

建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です


    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ご意見・ご質問などございましたら自由にお書き下さい

    依頼者のご感想

    お問い合わせはこちら

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      お問い合わせ内容

       確認ページはございません。
      内容をご確認の上チェックを入れてください