すんではいけない家【龍断】青龍がない

住居の条件で、特に近くの環境で大切なのが両隣、前後の建物です。

13321902_1182714928414166_6662202993012323052_n

正面に向かって右側の建物がない状態を龍断(りゅうだん)といいます。

自宅を中心として四神相応の条件を考えると、正面からみて右側が青龍となります。

その青龍が断絶された状態を龍断というのです。

つまり、正面からみて右側が道路だったり、空き地となっている場合を言います。

この場合、青龍は男性を象徴しているため、その家にすむ男性に問題が起きやすいのです。

角地は、人気がある立地ですが必ず青龍か白虎が道路で断たれる事になるので、手放しで良いとはいえません。

それよりは、住居の両側に建物があったほうが安心です。

隣とのスペースが住居幅の半分以下であれば、問題ないですので安心してください。

ただし、幅が狭くても側溝で水が流れていたりすると、また別の殺(良くない風水)となりますので、ご注意下さい。

風水鑑定の種類・料金はこちら風水鑑定料金


風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例


風水鑑定のご感想はこちら風水鑑定のご感想


関連記事

  1. すんではいけない家【藤蔓屋】

  2. すんではいけない家【陰屋煞】

  3. 住んではいけない家【反弓煞】

  4. 住んではいけない家【路冲煞】

  5. 住んではいけない家【電磁波煞】

  6. 住んではいけない家【三角地】

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として23年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1471件。
四柱推命などでは4151件を鑑定.

これまで日本全国47都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで217人の生徒が受講。

現在も各種占術の集中講座を行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

運が良くなる5つのポイント動画プレゼント

見るだけで運がよくなる5つのポイントの動画をプレゼントします。

リンク先からお名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

動画視聴のご案内がメールで届きます。


家和して万事なる動画
運が良くなる5つのポイント

約1時間の動画セミナーです。

運を強化して、努力が何倍にも加速する方法です。

動画のさわり部分をリンク先で公開しています。



>>動画のプレゼントページはこちらです<<

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。
レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。


幸せを導く住まい造り
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。
建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です。


無料レポートはこちらのページからお申し込みください。

依頼者のご感想