すんではいけない家(龍断)

住居の条件で、特に近くの環境で大切なのが両隣、前後の建物です。

13321902_1182714928414166_6662202993012323052_n

正面に向かって右側の建物がない状態を龍断(りゅうだん)といいます。

自宅を中心として四神相応の条件を考えると、正面からみて右側が青龍となります。

その青龍が断絶された状態を龍断というのです。

つまり、正面からみて右側が道路だったり、空き地となっている場合を言います。

この場合、青龍は男性を象徴しているため、その家にすむ男性に問題が起きやすいのです。

角地は、人気がある立地ですが必ず青龍か白虎が道路で断たれる事になるので、手放しで良いとはいえません。

それよりは、住居の両側に建物があったほうが安心です。

隣とのスペースが住居幅の半分以下であれば、問題ないですので安心してください。

ただし、幅が狭くても側溝で水が流れていたりすると、また別の殺(良くない風水)となりますので、ご注意下さい。

風水鑑定の料金はこちらからどうぞ
風水鑑定料金

風水鑑定の実例はこちらからどうぞ
風水鑑定の実例

風水鑑定のご感想はこちらからどうぞ
風水鑑定のご感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

風水鑑定のお問い合わせ

当ホームページや、伝統風水についてお聞きになりたいことがあれば、フォームからお問い合わせ下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。
内容をご確認の上チェックを入れてください

伝統風水のメルマガを発行してます

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る