住んではいけない家【電磁波煞】

伝統風水の技法は、すでに過去にほぼ完成しています。

しかし、住居など建築の技術は進歩し、都市はどんどん複雑な環境となっています。

風水技法が出尽くしたとされる清の時代(1644〜1912)でも、はるか昔となり住環境は全くと言っていいほどの変化を遂げています。

その代表的なものが電気の照明、電化製品の普及ではないでしょうか?

それにともなって、世界中に鉄塔や電線が張り巡らされ、いなかで見える景色も変わってしまっています。

そんな変化のなかで出てきたのが、電磁殺とか高圧電磁殺と言われる形殺です。

いわゆる電磁波による殺で、住居の近くに強い電磁波をだすものがある場合を言います。

身近なところでいうと、電柱にあるトランスなどです。

このトランスが近い距離にある2階の部屋などで、健康被害にあいやすいのです。

特に起きやすいのが電磁波過敏症をもっているご家族

頭痛、めまい、吐き気などの症状が特徴ですが、かなりつらい状況になります。

また、大規模な変電所や高圧線の鉄塔などの近くでも、電磁殺となりますのでこれから家を探す場合は、これらを避けることが大事です。

もし、既にそういった環境に住んでしまっている場合、なるべく電磁波から遠い部屋で休むようにして下さい。

台湾などでは、土地の四隅に直径20cm以上の鉄柱を埋めると言うような方法を使われているようです。

また、効果の程はわかりませんが最近は電磁波の質をかえるようなグッズもあるようです。

それらを試してみるのもよいかもしれません。

風水鑑定の種類・料金はこちら風水鑑定料金


風水鑑定の実例はこちら 風水鑑定の実例


風水鑑定のご感想はこちら風水鑑定のご感想


関連記事

  1. 住んではいけない家【赤龍煞】

  2. すんではいけない家【酷門(こくもん)】二世帯住宅

  3. すんではいけない家【台土煞】

  4. すんではいけない家【剪刀煞】

  5. 住んではいけない家【困屋煞】

  6. 住んではいけない家【袋小路】

秀山のプロフィール

秀山

プロの風水師として23年間風水鑑定を行う。

この間の風水鑑定件数1471件。
四柱推命などでは4151件を鑑定.

これまで日本全国47都道府県で出張鑑定し、一年間で売り上げが3倍、従業員数が7倍となるなどの結果を出している。

また風水講座も主催し、これまで217人の生徒が受講。

現在も各種占術の集中講座を行なっている。

くわしくはこちらをご覧下さい。

運が良くなる5つのポイント動画プレゼント

見るだけで運がよくなる5つのポイントの動画をプレゼントします。

リンク先からお名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。

動画視聴のご案内がメールで届きます。


家和して万事なる動画
運が良くなる5つのポイント

約1時間の動画セミナーです。

運を強化して、努力が何倍にも加速する方法です。

動画のさわり部分をリンク先で公開しています。



>>動画のプレゼントページはこちらです<<

伝統風水レポートプレゼント

伝統風水について建築家と対談し、書き起こした風水レポートをもれなく無料プレゼント!(PDFファイルです)

お名前・メールアドレスをご記入しお申し込み下さい。
レポートのダウンロードのご案内がメールで届きます。


幸せを導く住まい造り
A4サイズで18Pになります。

一級建築士が持参した平面図をもとに伝統風水の観点からアドバイスを行いました。
建築家としての素朴な疑問にも明快に回答いたしました。

これから家を建てようとお考えの方には一度読んでいただきたい内容です。


無料レポートはこちらのページからお申し込みください。

依頼者のご感想