風水以外にも究極の運勢改善法があるのです。

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア



運について少しお話しします。

風水とは、運に作用する環境の影響です。

では、風水を改善すると必ず運が良くなるの?となるのですが、必ずしもそうとは限りません。

何度か書きましたが、先天的な個人の宿命、運の善し悪しによって出てくる影響も、違うからです。

私たちのような運命論者は、宿命とは変えられないもの という先入観を持っている方がほとんどです。

ところが、風水とは別に個人の宿命をも変えてしまう方法があります。

多くの人が、運が良くなる方法について書いています。

が、どれも当たらずとも遠からずです(^^

そして、どちらかといえば表面的な事が多いように思います。

本質的な部分に気づかないと、宿命の縄目から逃れることができません。

つまり、一時的に良くなったと思っても、いつの間にか元に戻っている、なんていうことになりかねないのです。

中国で、明の時代に多くの著作をのこした、袁了凡(えんりょうぼん)という人がいます。

若い頃は、母のすすめで医者を目指していましたが、途中で役人となりました。

後に、加藤清正らの朝鮮の役に 明からの援軍のリーダーとして活躍し、これを破っています。

その了凡が若い頃に、易学の老師にであい自分の過去と未来を占ってもらったのですが、すべてことごとく当たっていました。

それ以降、了凡は運命論者となり、日々をだらだらと過ごしていました。

なぜなら、すべて運命通りに行くので努力などしても しかたのないこと という、おかしな悟りを得ていたからです。

その後、北京のとある山中で 禅僧にであい立命(りつめい)について説教をうけ、あらたな悟りをえて 運命を開拓する生き方を選びました。

易学の老師には、地方の役人どまりで、男の子は得ることができないといわれていたのですが、この立命の方法で、それらをどんどん乗り越えていきました。

それにより地方官吏(地方の役人)から、県知事ほどの地位となり、また男子をさずかったのです。

その立命の方法こそが、現代日本人が失いつつある 徳にまつわる事柄であり、了凡四訓(りょうぼんよんくん)という、書物に書かれています。

p1015581a471216093

結論だけを、お話しするなら

「謙虚に徳を積むことによって、善果を得ることができる」

ということになります。

つまり、謙虚になって善行をおこなうことによって、宿命を改善し運を良くするすることができる、ということです。

了凡四訓では、さらに細かく4項目に分けて説明されています。

1)立命とはなにか?

2)改悛(かいしゅん)の方法

3)積善の方法

4)謙虚の効果


一つずつが、宿命を改善し運を良くするための、中国四千年といわれる智恵の集大成です。

そして、宿命を改善したければ、まず四柱推命で自分の宿命を知るべきでしょう。

四柱推命について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。


・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・秀山主催の各種風水講座について知りたい方は 風水講座の予定

・秀山主催の風水、四柱推命、易の通信講座について 風水、易、四柱推命の通信講座



スポンサーリンク



自宅で学べる伝統風水の通信講座
伝統風水初級通信講座


中国伝統の暦、通書の使い方を学べます
擇日入門通信講座
Loading Facebook Comments ...