大きすぎる建物が近くにあるとき、悪い風水となる場合があります

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket



先日、九州に出張していました。

ある店舗の風水を、くわしく鑑定するために いっていたのです。

住居、店舗では、地形や建物のまわりの環境の影響が、とても強いです。

間取りや方位の吉凶より、そちらを重視しなければ、風水改善の効果もうすいのです。

事前にうかがった情報で、該当物件は最近閉店した物件であることはしっていました。

出発する前に、グーグルアースで確認したところ、建物の正面に向かって右側に、大きすぎる建物があります。

これが、閉店の原因だろうと目星をつけていきました。

現地で、物件をみて近隣を歩き回り、方位を測定し出た結論も、やはり同じ。

正面に向かって右側、青龍砂(せいりゅうさ)が大きすぎるのです。

P5221047

ご依頼の建物は、この写真の左側にあり、2階建てくらいの高さです。

写真の建物は青龍砂(せいりゅうさ)となるのですが、三階建てで、面積も2倍以上あるので、ちょっと立派すぎます・・

都市の四神相応

都市部で、地形の吉凶を左右する、四神相応を考える場合上の図のように考えます。

今までの経験で、青龍が強すぎたり 正面ぐらいまで出ている場合、その家や建物の主人(男性のリーダー)に問題が出やすいのです。

権威的になって、まわりが萎縮してしまったりなど 力が強くなりすぎ、うまくいかないのです。

ひどい場合は、その方の命に関わることもあります。

そのことをお伝えすると

「実は、この建物が建ってしばらくして、閉店したようです」

このように、該当建物を守ってくれるはずの、砂(さ)になる建物が、大きすぎても良くありません。

何事も、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということですね。

秀山の風水鑑定について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・秀山主催の風水の通信講座について 伝統風水通信講座
LINEで送る
Pocket