家を建てて良い時期悪い時期

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア



新しく家を建てる場合、良い時期悪い時期があります。

まず大事なのは、個人個人の運気の波から考えられる良し悪しです。

特に家長と考えられる人の、運の悪い時期はやめた方が良いと言うことです。

たとえば、生年月日から宿命と運を見る四柱推命での、運の良い時期を選んで家を建てた方が良いのです。

家族のみんなが良い運の時期と言うことは、あまり考えられないので、特に家の主人の運が良い時期と言うことになるわけです。

では四柱推命など宿命で良い時期とは何か?というと

その人の、10年ごとの運気(大運)や毎年の運気(流年)が、吉となる年回りであることとなります。

それ以外には、神殺で貴人となる年などもよい年です。

反対に、一般的に悪い年回りと考えられる冲(ちゅう)となる年は、引っ越しだけは良い年回りとなるので、注意が必要です。

なぜなら冲となる時期は、本人がしらなくても衝突のエネルギーが強い時期。

もし、引っ越しをしなければ軽くて人との衝突や転んで怪我程度で
ひどい場合は、交通事故や手術などがかんがえられるのです。

ですから衝突の強いエネルギーを、自分から動く事
つまり引っ越しで中和するというわけです。

もう一つ重要なのが土地の向きです。

選ぶ土地が道路と接している方位によって、だいたい建物の向きが決まるので、これはかなり重要です。

たとえば、土地の南が道路に面している場合、玄関も南を向くことが多いと思います。

もちろん、土地が広ければ南から入って東や西に玄関とすることは可能ですが、確率的に多いのは道路に面した方に玄関を付ける場合です。

siryou755

一戸建ての場合、玄関の向きが建物の向きとなることが多いのですが、この建物の向きが年によっては良くない事があります。

太歳(たいさい)または、歳破(さいは)といって、毎年のえと方位がこの凶方位に当たります。

たとえば、午年は二十四方位での午方位が太歳となるため、南向きの家は建てない方が良いとなります。

t02200210_0736070411588837554

該当する年にその向きで建てると、お金の損失、家族の不和、健康に問題発生、突然の不運などが考えられます。

また、家の向きの反対を坐山といいますが、坐山と三殺(さんさつ)となる年も、建築は良くないのです。

(申 子 辰)年→南方

(寅 午 戌)年→北方

(亥 卯 未)年→西方

(巳 酉 丑)年→東方

午年でしたら、北を坐山とする家(北西、北東を坐山とする家も入ります)は、出来れば避けた方がいいとなります。

このように、家を建てる時期については、個人の運の波と風水でいう時期と方位の吉凶で、良い悪いが決まってきます。

また、実際に建てることになった場合、こんどは日取りも慎重に選ぶ必要があります。

契約日、地鎮祭の日、工事始め、棟上げの日、引き渡し、引っ越しなどなど

最低でも、ここまで述べてきたことを良く吟味して家を建てることをお勧めします。

思い立ったら吉日と言う言葉がありますが、家をたてる時期だけは安易に考えないで、慎重に決めてください。

後から後悔しても、簡単に変えられないのが「家を建てる」という事なのですから。

後悔しない家作りの風水について詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は
風水鑑定詳細

・風水師秀山について詳しく知りたい方は
秀山のプロフィール

・各種風水講座については
風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば
伝統風水の通信講座



スポンサーリンク



自宅で学べる伝統風水の通信講座
伝統風水初級通信講座


中国伝統の暦、通書の使い方を学べます
擇日入門通信講座