お墓が近くにある家でも、問題ある場合とない場合があります。

with コメントはまだありません
Pocket
LINEで送る



お墓の前に家がある場合でも、風水的に問題のない場合と、問題になる場合とがあります。

a0009_000154

お墓が玄関や窓から見えている場合、陰屋殺といって風水的に問題となります。

お墓が常に見えている状態は、潜在意識でいつも死をイメージしてしまうからです。

特に玄関から正面に見えるような場合は、気をつけた方が良いでしょう。


でも、自宅がお墓の隣であっても玄関や窓から見えない場合、割と心配しなくても良い事が多いでしょう。

特に日本のお墓は火葬がほとんどです。

ですから、お墓としての風水の影響も少ないと考えられています。
(お骨の中の特殊な成分に、その骨がある場所の風水を子孫に伝える働きがあると考えられているからです)

なので、お墓が近いからといって落胆するのは早いです。


でも、もし玄関からお墓が見えていたら。。

できれば、門などを設置し普段は玄関を開けても、お墓が見えないような工夫をして下さい。

もし、それがむずかしい場合は、玄簡にのれんを付けるという方法も有効です。

また窓から見えている場合は、他の形殺(外からの悪い風水)と同じで、カーテンなどで見えなくする事で良いです。


ただしこれから土地を選ぶなら、なるべくお墓の近くでない土地を選んだ方が良いでしょう。

なぜなら、お墓を陰宅(いんたく)といいお家を陽宅というのですが、陰陽で性質が反対だからです。


お墓は空気が流通しない地形(周りをかこまれたような)が良くて、生きている人が住む家は、多生は空気の流通がないと具合が悪くなります。

正反対の性質の風水を、近くで両立することはむずかしいため、なるべくならお墓からは離れた立地を選んだ方が良いわけです。

そしてお墓の近くだと常に住人が意識してしまう事で、心理的殺となってしまう場合も多いのです。

ですからこれからお家を建てるなら、なるべく離れた土地を選んだ方が良い、ということになります。


お墓の風水についての関連記事はこちらをご覧ください。

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座
Pocket
LINEで送る