金魚の数で金運が変化する事があります

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア



風水では、屋内で金運の改善をする時、水槽を使うことが結構あります。

それで、水槽を置くとなれば中に金魚などを飼いたいのが人情なのかもしれません。

必ず金魚はどうしたらいいですか?と質問されます。

a0790_000942

風水では、金運などの流動する要素を、水の性質として捉えます。

なぜなら、水は変化し流れていくものだからです。

それで、金運の改善に水槽を、動く水(川と同じような意味)として、設置するわけです。

大事なのは、水が動いていることなので、実際に金魚はいてもいなくても、あまり関係ないと考えます。

でも、大きな水槽で何もいないのは寂しいと言われます。

もちろん、金魚を飼っていけないわけではないので、どうぞ飼ってくださいとなるのですが、どうせ飼うなら色や数にもこだわってみましょう。

まず、色ですが普通の金魚では赤か白、黒が多いですね。

五行では、赤は火となり水とは相性があまり良くないですね。

白は、五行では金をあらわし、水を生み出す五行なので、良い色となります。

そして、黒は五行では水を表しますので、こちらも良い五行となるため、金魚の色は白か黒がお勧めです。

また、何匹飼うかも五行にかかわってきます。

一匹だと、水を表すのでOKです。

2匹は土、3,4匹は木、5匹は土となり、やめた方が良い数です。

6匹、7匹は金となるので、OKです。

8匹は土、9匹は火となりお勧めできません。

ということで、お勧めの金魚と数は黒出目金を1匹、白い金魚を6匹です。

少ない方が良いという場合は、黒出目を一匹だけでも良いと思います。

もっと、大事なのは方位の風水で、水槽の位置をしっかりと決める事です。

五鬼運財法(ごきうんざいほう)という、玄関や門の方位と、水槽の方位をセットする方法は、劇的に金運がアップするので、お勧めです。

その場合、ちゃんとした風水師に鑑定をしてもらって下さいね~(^^)

方位の風水についての関連記事はこちらをご覧ください。


・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・各種風水講座については 風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座



スポンサーリンク



自宅で学べる伝統風水の通信講座
伝統風水初級通信講座


中国伝統の暦、通書の使い方を学べます
擇日入門通信講座
Loading Facebook Comments ...