あなたは天命をまっとうしていますか?

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア


今日は天命についてお話ししたいと思います。

天命と聞くと、なにか先天的に与えられたもの、というイメージが強いです。

辞書を引くと、「天から与えられた使命」という解説がされています。

たしかに、天から与えられた使命が天命ならば、それに従いたいと思うのは当然ですね。

そして、自分の天命とはなにか?と悩むこともあるでしょう。

私も、自分の天命である生き方や、仕事とはなんだろうかと、ずいぶん悩んだ時期がありました。

しかし、五術を深く学んでいく中で命術(四柱推命)の中に、答えをみつけたのです。

四柱命理見本

命(めい)とは、生年月日からその人の先天的体質や性質、適職、結婚、子孫などについて詳しく知ることができます。

もちろん、それらは決定している事柄ではなく可能性でしかないのですが、かなり高い可能性です。

つまり、何も考えずに生きていくと、命の示す通りになりやすいのです。

命とは、生年月日つまり自分の意思や両親の意思ではなく、自然の力、摂理によって決定されているといえます。

そう考えると、天命とは生年月日によって表されている、命の示す傾向性から離れては得られないと考えられます。

でも、命の示す傾向性にはかなりの幅があります。

四柱推命で意味を考えるとき、十干つまり五行の陰陽で意味を考えますので、10種類にわけられます。

ということは、10分の一の確率なのでかなり曖昧ということができます。

もし、あなたの「天命である仕事」について悩むなら、世の中の仕事の10分の一を探せばいいわけです。

これは極端な話ですが、つまり天命とはたった一種類だけ存在するものではなく、かなりの幅があるものだということです。

そして、自分にあった傾向でさえあれば、天命として自然の摂理に合って、宇宙の力を借りて成功、発展できるのです。

もちろん、そこに自分の意思がなければいけません。

自分の意思が、そのことにやりがい、楽しさ、情熱を感じられなければ、天命として発展しえません。

また困難があっても、それが自分を成長させるものだととらえ、諦めずに続けられる意思が必要です。

ですから、まずは自分の命をしっかりと把握し、その中から天命といえる生き方、仕事などを選び継続すること。

それが、天命をまっとうする生き方だということです。


・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・各種風水講座については 風水講座の予定

・伝統風水の通信講座に興味があれば 伝統風水の通信講座



LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア



スポンサーリンク



自宅で学べる伝統風水の通信講座
伝統風水初級通信講座


中国伝統の暦、通書の使い方を学べます
擇日入門通信講座
Loading Facebook Comments ...