風水でビジネスに良い立地とは?

with コメントはまだありません
LINEで送る
Pocket



今日はビジネスの風水についてお話します。

ビジネス、特にお金に関わる風水は水の善し悪しできまります。

ポイントは2点。

1)道路や川などの形

2)向かってくる水の距離と、去っていく水の距離

これで、だいたい決まっています。

言葉だけではわかりにくいので、例題を見ていただきましょう。

こちらは、我が家の近所のコンビニです。

o0640047811217545012

ご覧のとおり、駐車場もあまり広くないコンビニですが、ものすごく流行っています。

常に車が、入れ替わり立ち替わり入っています。

最近、岐阜などの地方ではコンビニも巨大化しています。

店舗そのものより、駐車場がものすごく大きくて、大型のトレーラーまで止められます。

というか、そのぐらいの規模じゃないと出店しないようです。

そんな、新しいコンビニに比べるとお店も狭く、駐車場も普通車しかとめられません。

道路は国道で、ある程度交通量はありますが、片側一車線で渋滞することもない、普通の道です。

では、なぜこのコンビニが流行っているのか?風水に根拠があるのでしょうか?

地形(地理風水)の観点で、近くの環境を見てみます。

o0800029511217568478

真ん中の赤い○の場所に、コンビニがあります。

ご覧いただくとわかるように、条件の1、川の形がカーブして その内側にあり、とても良い条件です。

有情の水

有情(うじょう)の水といい、四神相応にも欠かせない条件です。

川の上流からみるとこんな感じです。

o0640047811217545011

そして、地図ではわかりにくいのですが道路もゆるやかにカーブしています。

どちらも、ビジネスにとって とても良い条件です。

次に、道路が向かってくる距離と、去っていく距離を見ます。

o0640047811217578178

こちらが向かってくる道路の景色です。

畑が続いていて、かなりの距離道路が向かってくるのを見ることができます。

反対に去っていくどうろは、見にくいですが、建物があり、短い距離しか見ることができません。

o0640047811217578177

つまり、来る水が長くみえて、去る水は短くみえます。

これもまた、来長去短(らいちょうきょたん)という、ビジネスに良い水のパターンです。

来水(むかって来る水)が収入を表し、去っていく水が支出を表します。

ですから、収入が多く(来長)支出が少ない(去短)風水なのです。

ビジネスには、この二つの水の条件がバッチリなので、ほっといても来店者が来るのでしょうね(^^

うらやましいぐらいです。

もしあなたが、なにかビジネスをしていらっしゃるなら、事務所やサロンなどの立地で

1)建物に面する道路や川などの形

2)その建物の玄関に、向かってくる水の距離と、去っていく水の距離

この2点をチェックしてみて下さい。

地形を重視する伝統風水についての関連記事はこちらをご覧ください。

・風水師秀山について詳しく知りたい方は 秀山のプロフィール

・伝統風水の風水鑑定について知りたい方は 風水鑑定詳細

・秀山主催の風水の通信講座について 伝統風水通信講座
LINEで送る
Pocket